滑走路

introduction

あふれる才能を遺し、突然この世を去った歌人・萩原慎一郎 遺作となった唯一の歌集が完全映画化 非正規、いじめーー逆境の中、それでも希望を託した魂の叫び
 歌人・萩原慎一郎による「歌集 滑走路」。あとがきを入稿後、32歳の若さで命を絶ち、遺作となった唯一の歌集が完全映画化。
いじめや非正規雇用を経験しながら、苦難の中、それでも生きる希望を託した歌は、多くの共感を集め話題に。新聞やTVなど数々のメディアで取り上げられベストセラーを記録した。原作歌集をモチーフにオリジナルストーリーとして紡がれる映画『滑走路』は、
監督:大庭功睦×脚本:桑村さや香の俊英コンビのもと、実力派俳優と瑞々しい若手キャストが集結。
非正規、いじめ、過労、キャリア、自死、家族―現代を生きる若い世代の誰もが抱える不安や葛藤、
それでもなお希望を求めてもがき生きる姿を鮮烈に描き出す。

story

現代社会をもがき生きる苦悩と希望描く人生讃歌
厚生労働省で働く若手官僚の鷹野(浅香航大)は、激務に追われる中、理想と現実の狭間で苦しんでいた。ある日、陳情に来たNPO団体が持ち込んだ“非正規雇用が原因で自死したとされる人々のリスト”の中から自分と同じ25歳で自死したひとりの青年に関心を抱き、死の真相を探り始める。

30代後半に差し掛かり、将来的なキャリアと社会不安に悩まされていた切り絵作家の翠(水川あさみ)。子どもを欲する自身の想いを自覚しつつも、高校の美術教師である夫・拓己(水橋研二)との関係性に違和感を感じていた。

幼馴染の裕翔(池田優斗)を助けたことをきっかけにいじめの標的になってしまった中学二年生の学級委員長(寄川歌太)。シングルマザーの母・陽子(坂井真紀)に心配をかけまいと、攻撃が苛烈さを増す中、一人で問題を抱え込んでいたが、ある一枚の絵をきっかけにクラスメートの天野(木下渓)とささやかな交流がはじまる。

それぞれに“心の叫び”を抱えた三人の人生が交錯したとき、言葉の力は時を超え、曇り空の中にやがて一筋の希望の光が射しこむ―。
あなたの言葉が、生きる翼をくれたーー

The original

歌集 滑走路
原作情報
萩原慎一郎「歌集 滑走路」
(角川文化振興財団/KADOKAWA刊)
発売日:2017年12月26日 定価:1,200 円(+税)
いじめ、非正規雇用......逆境に負けず
それでも生きる希望を歌い続けた歌人がいた。
32 歳で命を絶った若き歌人の絶唱を収めた短歌集。
公式サイト

著作
萩原慎一郎
HAGIHARA SHINICHIRO
1984年9月16日-2017年6月8日。東京都出身。
17歳の時、近所の書店で俵万智と出会い、短歌を始めた。
名門中高一貫校で長期間に及んだいじめの後遺症に悩まされながらも、早稲田大学の通信制を卒業し、非正規雇用で働きながら、二千首近い短歌を詠み続けた。
自らで編んだ歌集「滑走路」は、今を懸命に生きる人々の輝きや、自らの想い、恋、小さな幸せを短歌で表現し、多くの共感を呼び、ベストセラーとなった。
ピュアな言葉に思う。短歌は彼の濾過装置。自在な表現に思う。短歌は彼の翼。
真っすぐに心を射抜く短歌が、ここにある。
――俵万智「歌集 滑走路」帯文より
待望の文庫化&小説版! 2020年9月24日発売
「歌集 滑走路」文庫
歌集 滑走路」
角川文庫刊
著者:萩原慎一郎
文庫版解説:又吉直樹
定価:580 円(+税)
公式サイト
「小説 滑走路」
小説 滑走路」
KADOKAWA刊
原作:萩原慎一郎
小説:藤石波矢
定価:1600 円(+税)
四六判上製単行本
第1回ダ・ヴィンチ「本の物語」大賞〈大賞〉を受賞しデビューした新鋭作家の藤石波矢が書き下ろし!映画のストーリーをもとに、オリジナルの要素も加え完成。原作の歌集に収録された数々の歌へのオマージュも要所に感じられる小説となっている。
公式サイト

非正規の友よ、負けるな ぼくはただ書類の整理ばかりしている もう少し待ってみようか曇天が過ぎ去ってゆく時を信じて 癒えることなきその傷が癒えるまで癒えるその日を信じて生きよ いつか手が触れると信じつつ いつも眼が捉えたる光源のあり 今日という日を懸命に生きてゆく蟻であっても僕であっても ぼくたちはほのおを抱いて生きていける 誰かのためのほのおであれよ

cast

水川あさみ/翠役
水川あさみ /翠役
MIZUKAWA ASAMI
1983年7月24日生まれ、大阪府出身。
映画『金田一少年の事件簿 上海魚人伝説』(97/堤幸彦監督)で女優デビュー。近年の主な出演作は『明日の記憶』(06/堤幸彦監督)、『今度は愛妻家』(09/行定勲監督)、『大木家のたのしい旅行新婚地獄篇』(11/本田隆一監督)、『バイロケーション』(14/安里麻里監督)、『太陽の坐る場所』(14/矢崎仁司監督)、『福福荘の福ちゃん』(14/藤田容介監督)、『後妻業の女』(16/鶴橋康夫監督)、『グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇』(20/成島出監督)など。公開待機作に『喜劇愛妻物語』(20/足立紳監督)、『ミッドナイトスワン』(20/内田英治監督)など。公開待機作に『アンダードッグ』(11月27日公開/武正晴監督)がある。
浅香航大/鷹野役
浅香航大 /鷹野役
ASAKA KODAI
1992年8月24日生まれ、神奈川県出身。
ドラマ「花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス~2011」(11/CX)で連続ドラマ初出演を果たし、映画『桐島 、部活やめるってよ』(12/吉田大八監督)、『悪の教典』(12/三池崇史監督)、『南瓜とマヨネーズ』(17/冨永昌敬監督)、『チア男子!!』(19/風間太樹監督)、『見えない 目撃者』(19/森淳一監督)、NHK連続テレビ小説「マッサン」(14)、「ひよっこ」(17)、TVドラマ「あなたの番です」(19/NTV)など話題作への 出演を重ねる。現在映画『劇場』(20/行定勲監督)が配信中のほか、今後『とんかつDJアゲ太郎』(10月30日公開/二宮健監督)の公開を控えている。
寄川歌太/学級委員長役
寄川歌太 /学級委員長役
YORIKAWA UTA
2004年3月11日生まれ、大阪府出身。
2010年、歌舞伎平成中村座で俳優デビュー。TVドラマ「宮本武蔵」(14/EX)、「ボーダーライン」(14/NHK)、「死役所」(19/TX)やWEBドラマ『青葉家のテーブル』(18-19)などに出演。公開待機作品に映画『燃えよ剣』(近日公開/原田眞人監督)がある。
木下渓/天野役
木下渓 /天野役
KINOSHITA KEI
2006年5月28日生まれ、神奈川県出身。
2017年「ニュースター・プリンセス・オーディション」にてグランプリを受賞。出演作・映画『世界から希望が消えたなら。』(19/赤羽博監督)では、第7回アンタキヤ国際映画祭(トルコ)最優秀女優賞を受賞。その他『鈍色のキヲク』(19/渡邊豊監督)、ドラマ「太陽の子」(20/NHK)、大手企業CM等に出演。
池田優斗/裕翔役
池田優斗 /裕翔役
IKEDA YUTO
2005年6月25日生まれ、埼玉県出身。
2010年から子役として活動を開始。近年の主な出演作には大河ドラマ『西郷どん』有村俊斎(幼少期)(18/NHK)、『グッドドクター』(18/CX)、『SEDAI WARS』(20/MBS)など。映画では、『at home』(15)などに出演し、その後も『ビジランテ』(17/入江悠監督)、『まく子』(19/鶴岡慧子監督)、『ひそひそ星』(16/園子温監督)、『ひとよ』(19/白石和彌監督)などに出演。出演映画『糸』(8月21日公開/瀬々敬久監督)が公開中。
吉村界人/雨宮役
吉村界人 /雨宮役
YOSHIMURA KAITO
1993年生まれ、東京都出身。
2014年『ポルトレ PORTRAIT』で映画主演デビュー。2018年第10回TAMA映画賞にて最優秀新進男優賞を受賞。主な代表作に、映画『太陽を掴め』(16/中村祐太郎監督)『サラバ静寂』、(18/宇賀那健一)、ドラマ「左ききのエレン」(19/MBS)、「エ・キ・ス・ト・ラ!!!」(20/カンテレ)など。今後の公開予定に、映画『ミッドナイトスワン』(9月25日公開/内田英治監督)、『無頼』(12月公開/井筒和幸監督)、『プリテンダーズ』(21年夏公開予定/熊坂出監督)、『ジャパニーズスタイル』(公開時期未定/アベラヒデノブ監督)がある。
染谷将太/明智役
染谷将太 /明智役
SOMETANI SHOTA
1992年9月3日生まれ、東京都出身。
子役として活動し、2009年『パンドラの匣』(冨永昌敬監督)で映画初主演を果たす。2011年に主演を務めた『ヒミズ』(園子温監督)では第68回ヴェネチア国際映画祭で日本人初となるマルチェロ・マストロヤンニ賞を、第36回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、国内外から注目を集める。現在NHK大河ドラマ「麒麟がくる」出演中。その他の主な出演作に映画『3月のライオン』前編・後編(17/大友啓史監督)、『きみの鳥はうたえる』(18/三宅唱監督)、『パラレルワールド・ラブストーリー』(19/森義隆監督)、ドラマ「聖☆おにいさん」シリーズ(20/NHK)など多数。大庭功睦初監督作品『ノラ』(11)では主演を務めた。
水橋研二/拓己役
水橋研二 /拓己役
MIZUHASHI KENJI
1975年1月13日生まれ、東京都出身。
映画『331/3r.p.m』(96/木澤雅博監督)でデビュー。『月光の囁き』(99/塩田明彦監督)で注目を集めた後、『ロックンロールミシン』(02/行定勲監督)、『青い車』(04/奥原浩志監督)、『くりいむレモン』(04/山下淳弘監督)、『美代子阿佐ヶ谷気分』(09/福田真作監督)、『はらはらなのか』(17/酒井麻衣監督)、『殺人鬼を飼う女』(19/中田秀夫監督)、『劇場版おっさんずラブ~LOVE or DEAD~』(19/瑠東東一朗監督)ほか多数の映画、ドラマ、舞台に出演。またアニメ『秒速5センチメートル』(07/新海誠監督)で声優を務めるなど幅広く活躍。公開待機作に『リトル・サブカル・ウォーズ-ヴィレヴァン!の逆襲-』(10月23日公開/後藤庸介監督)がある。
坂井真紀/陽子役
坂井真紀 /陽子役
SAKAI MAKI
1970年5月17日生まれ、東京都出身。
TVドラマ「90日間・トテナム・パブ」(92/CX)で女優デビュー、映画『ユーリ』(96/坂元裕二監督)で映画初出演を果たして以降、多くの映画・TVドラマで活躍。『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』(08/若松孝二監督)で第18回日本映画批評家大賞助演女優賞、第23回 高崎映画祭特別賞を受賞。近年の主な映画出演作品は、『友罪』(18/瀬々敬久監督)、『惡の華』(19/井口昇監督)、『架空OL日記』(20/住田崇監督)など。公開待機作品に『宇宙でいちばんあかるい屋根』(9月4日公開/藤井道人監督)、『461個のおべんとう』(11月6日公開/兼重淳監督)、『燃えよ剣』(近日公開/原田眞人監督)、『はるヲうるひと』(近日公開/佐藤二朗監督)がある。

staff

監督 大庭功睦
監督 大庭功睦
OBA NORICHIKA
1978年生まれ。福岡県出身。2001年、熊本大学文学部卒。2004年、日本映画学校(現・日本映画大学)映像科卒。以降、『シン・ゴジラ』や『マチネの終わりに』など数々の映画・TVドラマにフリーの助監督として携わる。2010年に染谷将太主演『ノラ』を自主製作し、第5回田辺・弁慶映画祭にて市民審査員賞、第11回TAMA NEW WAVEにてベスト男優賞(染谷将太)を受賞。2018年には『キュクロプス』を自主製作し、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018にてシネガー・アワード、北海道知事賞をダブル受賞。第18回ニッポン・コネクション&第15回SKIPシティ国際Dシネマ映画祭の国内長編コンペティションでも正式上映された。
脚本 桑村さや香
KUWAMURA SAYAKA
1982年生まれ。埼玉県出身。「輪廻の雨」で第21回フジテレビヤングシナリオ大賞受賞。
映画『ストロボ・エッジ』(15/廣木隆一監督)、「恋仲」(15/CX)といった青春ラブストーリーから、「愛してたって、秘密はある。」(17/NTV)ではサスペンスドラマを、『OVER DRIVE』(18/羽住英一郎監督)では過酷なモータースポーツ・ラリー競技を題材としたオリジナルストーリーを手掛ける等幅広いジャンルで活躍している。最新作は1月期の連続ドラマ「やめるときも、すこやかなるときも」(20/NTV)、劇場アニメ『ジョゼと虎と魚たち』(12月25日公開/タムラコータロー監督)の公開も控える。
影絵 河野里美
影絵 河野里美
KONO SATOMI
大阪府生まれ。東京都在住。大阪芸術大学芸術学部映像学科卒業。2005年から独自で影絵の創作活動を開始。個展等で新作を発表。デザイン(広告・映像・絵本・ステンドグラス)なども展開中。
2018年  藤子不二雄A展 -Aの変コレクション-コラボレーション
2017年  あべのハルカス展望台「天空の影絵~北斎の世界~」装飾
絵画制作 すぎやま たくや
絵画制作 すぎやま たくや
SUGIYAMA TAKUYA
2011年、多摩美術大学環境デザイン学科卒業。同年よりニューヨークAGORA GALLERYにて作家活動を開始。世の中の全てをエネルギーと捕らえ、相互に干渉しあい共鳴しあって質を高めている"現実"の様を、線の連鎖で描き出すことをテーマとして、ダイナミックでグラフィカルな抽象画や温かみのある動物モチーフ画、幻想的なイメージ画など、自由多彩な作風を持つ。
主題歌 Sano ibuki「紙飛行機」
主題歌 Sano ibuki「紙飛行機」
(EMI Records/UNIVERSAL MUSIC)
SANO IBUKI
2017年、本格的なライブ活動を開始。
自主制作音源「魔法」がTOWER RECORDS新宿店バイヤーの耳に留まり同年12月に同店限定シングルとして急遽CD化、期間限定販売。2018年7月4日、初の全国流通盤となる1st mini album『EMBLEM』を発売。構想約2年かけて、Sanoが紡ぎ上げた空想の物語の主題歌たちを収録したDebut Album『STORY TELLER』を2019年11月6日、EMI Recordsより発売。更に、12月13日公開のアニメ映画「ぼくらの7日間戦争」の主題歌として書き下ろした3曲「決戦前夜/おまじな い/スピリット」を収録した1st Singleを12月11日に発売。「マリアロード」を主題歌として書き下ろした、映画「his」(今泉力哉監督作品)が2020年1月に公開となり、ストーリーに寄り添う楽曲の親和性の高さが話題となる。2020年5月、『STORY TELLER』のスピンオフ作品となる1st e.p.『SYMBOL』を発売。
公式サイト
11/20(rfi) ROADSHOW
水川あさみ 浅香航大 寄川歌太
木下渓 池田優斗 吉村界人 染谷将太
水橋研二  坂井真紀

[原作]
萩原慎一郎「歌集 滑走路」
(角川文化振興財団/KADOKAWA刊)

[監督]大庭功睦 [脚本]桑村さや香
[主題歌]Sano ibuki「紙飛行機」(EMI Records / UNIVERSAL MUSIC)

撮影:川野由加里 照明:中村晋平 録音:西正義 装飾:小林宙央 音楽:永島友美子
編集:松山圭介 VFX:田中貴志 助監督:桜井智弘 制作担当:赤間俊秀
製作:「滑走路」製作委員会、埼玉県/SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ 制作プロダクション:角川大映スタジオ、デジタルSKIPステーション
配給:KADOKAWA 2020/120 分/ビスタ/カラー PG12 公式HP:kassouro-movie.jp
©2020「滑走路」製作委員会

PAGE TOP